花嫁が忘れがちな3つのスペシャルケア


こんにちは。夏日が続いていますね。


東京はまだ緊急事態宣言の発令中ですが、

地方では少しづつ解除されるそうですね。


早く解除されて欲しいけど、完全に安心できる状態じゃないと

また感染者が広がってしまうのではないかと心配になったり、、、難しいですね。



さて、まだ東京はStay Homeの最中ですし、全国的にウェディングが再開できるのは

もう少し先になりそうなので、

そんな今日は、、、、




プレ花嫁が今のうちに気がついておいた方が良い3つのスペシャルケア




についてのお話しです(^-^)






結婚式が近づくと、皆さま少なからず美容については気にしますよね。




ブライダル エステには通った方が良いですか?」


ダイエットしなくちゃいけないんです!」


「ウェディング直前に、ネイルと、まつエクつけてきます。どこか良いところご存知ですか?」




皆さまこんな感じでご相談いただきます。




確かに、ブライダル エステに行くのも良いですね。


自分のベストコンディションに体重を整えるのも大切だと思います。


結婚式では指輪の交換をしますので、手先はきれいにしておく方が良いです。

伏し目のアップ写真を撮影することも多いので、まつエクも良いですね。




それぞれ、私の知っている情報、過去、花嫁さん達からお勧めいただいたものや、手段は

お伝えさせていただいております。



ただ、皆さん結婚式前になると焦って、お金で解決しようとしたり、

健康は二の次、見た目よりも何よりも体重だけを落とそうとしたり、

残念ながら間違った方法を選択してしまう方もたくさんいらっしゃいます。。




痩せなくて良いのに、食事規制でガリガリになろうとしている方は、

体型に見合ったトレーニングや運動で引き締めた方が良いし、


マツエクはしない方が魅力的な目をしている方、


ブライダルエステよりも矯正などでどうにかした方が良い方、


人それぞれ必要な対策は違うのです。。




私は、お世辞はひとときの気休めになっても、

役には立たないと思っているので、

正直な意見でアドバイスや情報をお伝えさせて頂いてます^ ^





それら一般的に皆さまが考えているスペシャルケアとは別に、

意外と皆様が気にしていないポイント、

でも、余裕があったら、絶対に手入れをした方が良い部分、




プレ花嫁が今のうちに気がついておいた方が良い3つのスペシャルケア




今だからこそ、ここにお伝えさせて頂きます。





では早速、、、、①つ目、、、




①つ目は!

「肘(ひじ)の黒ずみケア」





肘って、自分ではあまり見えないのですよね。

でも、ウェディングドレス はロングスリーブのドレスでない限りは、

ゲストの皆さんからは肘が丸見えです。

挙式の時には皆さんには後ろ姿を見せることが多いので、肘はよーく見えるんです。


でも、プレ花嫁様は、脱毛はするのですが、意外と肘のケアは忘れがち。




日頃、無意識にデスクワークなどで机に肘をついてしまったり、

自然と、お洋服を着ているだけで肘が擦れてしまうこともあり、

そういったほんの些細な摩擦で、軽い炎症が起き、その防衛反応として

角質が分厚くなったり、メラニンが形成され色素沈着したりして、

黒ずんだ皮膚となってしまうのです。




肘のケアは、お風呂でゴシゴシ洗っても治りません。(汚れじゃないので^ ^; )

肘、膝の黒ずみ用の専用クリームも販売されていますが、





とにかくひたすら「保湿」が有効です。




保湿をしっかりして、お肌のターンオーバー(新陳代謝)を促し、

新しい細胞が作られれば、古い角質は剥がれ落ちていきます。

つまり、新しいお肌を再生すれば良いのですね。



私は、朝晩、顔にお化粧水、乳液、保湿ジェル(美白成分入り)を使うので、

お顔〜首のお手入れが終わったら、

手に残っているその成分をそのまま両肘にぬりぬりしています^ ^



それだけでも長く続けていれば、肘が硬くなることなく、

黒ずむこともなく過ごせると思います。



お肌の細胞は28日〜(年齢により)の周期で生まれ変わりますので、

できるだけ早めからケアしておくことで、

特別な処方など必要ない、綺麗な肘を保つことができますよ。


ぜひ、気にかけてみてくださいね。





そして②つめ。



②つ目は、

「歯のホワイトニング」

です。